PTBの活動はまだまだ広がっていきます。
皆様の疑問や質問があれば、事実を《調べて・試して・答えます》
d
今までのテーマの中から、これを知りたい、聞いてみたいというものがありましたら、出張セミナーも承ります。
※セミナーは無料ですが、交通費・宿泊料のみご負担をお願いします。

PTBを取り込んで売上拡大をしよう

PTBプロジェクトの名前の由来にもなった
ポロシャツ・Tシャツ・ブラウス。
d
クールビズをはじめとする、
ビジネスウェアのカジュアル化で
ワイシャツ需要が減少していく中、
カジュアルウェアもクリーニングを利用すると、
仕上がりがこんなに違うとお客様に実感していただける
洗浄レシピの開発や仕上げ工程の効率化による
時間点数アップと低コストを実現しました。
d
「家庭洗濯の品質よりもきれい」+「魅力的な価格」で
PTBをメニュー化することで初めて
「自分でやるのは結構面倒。これだけきれいになって
この値段なら、クリーニングに出した方が得だ!」
と思わせることができると考えています。

家庭洗濯では出せない品質とはどんなものか?

以前はシャツとは背広の下に着るインナーという位置づけでありましたが、
クールビズの影響やアパレルのマーケティングにより、
最近のシャツは生地にコーティング加工がされていてほとんどが柔らかい素材です。
d
しかし、クリーニング店では旧態依然の感覚で
「シャツはパリッとノリを効かせるもの」と考えるところが多くあります。

ここで柔らかい素材のシャツを柔らかいまま着用したいという、顧客のニーズから離れてしまいます。
家庭洗濯では出せない品質とは…?以下の図でご説明します。

PTBの創るレシピ

PTBプロジェクトが提案する「家庭ではできないプロならではの品質」
新メニューのレシピがこちら。洗いと乾燥の技術と科学の力を利用します!

近頃「PTBはやめちゃったの?」という声も聞こえてきますが…
ご安心ください、絶賛活動中です!
d

今話題のマーク(通常の強さで業者にようるウェットクリーニングが可能)は
カジュアル品から家庭での仕上げが難しい装飾がついたブラウス類にピッタリです。
PTBがやめたのではなく、時代が追い付いてきたのです。
d
d
d
詳しくはこちらをチェック! d


d
d

戻る


page to top